スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年シーズン 期待する選手の一人 田平選手

gannba.jpg
画像提供は、専属カメラマンさんより

田平選手。
2010年度、kazuがもっとも期待している選手です。

GKの層が益々厚くなった。

神様・仏様・坪根様

超大物ルーキー甲斐選手

日本の宝と言われたGK木下選手

7m阻止王 田平選手

凄いメンバーだなっ。

田平選手頑張れ!!チーム内の争いに勝って
何試合も先発で出場だぜ!

「田平コール」の連発で応援するぜ。

個人タイトルもとって「優勝」と行こうぜ!!
スポンサーサイト

来期は必ず沖縄へ!

nin.jpg
画像提供は専属カメラマンさんより頂きました。

来期は、必ず沖縄まで応援に行きたい!
沖縄で車体の応援をやりたい。

熱い思いをもって沖縄へ!
許可してくれっ。

俺は応援団長を任せれてから1度も応援に行っていない
地域。沖縄。

沖縄のファンと一緒に応援したい。

例えば、首都圏の大会は、年に数回あるが、地方大会は
5年に1度くらいである。

どちらを優先させるのか?は、言うまでもない。
「なぜ応援に来なかった?」よく言われる言葉だか
こちらも優先順位があるのです。

皆さんの希望に答えたい。
しかし、それは無理。

でも、自分自身では、毎回ベストの選択をしてる
と思っている。

何も悲観する事はない。

この時俺は、「緊張のピーク」

kin.jpg
画像提供は、きんぎょさんより頂きました。
たくさん送って頂きましたので順番にアップさせて頂きます。
ありがとうございました。

選手紹介があり会場が盛り上る
この画像は、門山選手が紹介を受け終った後
メカル選手とのジャンピングハイタッチ!

この時応援席のセンターに立っている俺は
超~っ緊張中

「エールぶちかますぜ!間違えるなよっ!おいっ!」

特にプレーオフの大舞台では、緊張します。

「エール!」ドドン
「トヨタ車体 B・Fスコーレルズの必勝を期して~
 車体コール~っ!そ~れっ!!」

おおっ。決まったぜ!今日も「魂の応援が出来る!」

どんな会場でもエールは緊張します。
でも、俺にとっては最高に「しびれる」瞬間です。

トヨタ紡織九州レットトルネードの応援団の皆さん!

redsa.jpg
画像提供はshin属カメラマンさんより頂きました。

プレーオフの準決勝 湧永戦。

応援席後部になにやら「異色な軍団がいるな!?」
と思い目を大きくして見たら「トヨタ紡織九州レットトルネードの応援団の皆さん」
でした。

友情応援をして頂きました。
とても嬉しく感じました。

同じトヨタ系企業だから?そんな単純な関係ではありません。
深い友情で繋がっています。
レットルさんとは、毎回勝ったり・負けたり。
しかも、1点差ゲームが多い。

トヨタ紡織九州レットトルネードに負けると悔しい!
しかし、何か憎めないチームです。

あるレットルのサポとの友情は永遠の物だと俺は
思っています。

さあっ!来期は、決勝で会おう!
トヨタ紡織九州レットトルネード!!

トヨタ車体 小沢勝利選手

syoga.jpg
画像提供は専属カメラマンさんより

トヨタ車体 小沢勝利選手

プレーオフの決勝戦が終わってすぐにある場所で
小沢選手と出合った。

すると突然
「うおおおっ!」と叫んで
長い筋肉隆々の両手でドラム缶の様な
俺の身体に抱きついてくれた。

小沢「ありがとうございました。」
俺 「お疲れ様!」
小沢「ありがとうございました。」
俺 「お疲れ様!」
小沢「ありがとうございました。」
俺 「お疲れ様!」

何度も・・・。それの繰り返し。
それ以外何が言える。

ハンドボール界を支えてきた名選手と最後に
抱き合えた。


試合中枯れた筈の涙が再び溢れ出た。
俺 「最終試合で最後にこのチームで終わる事が出来て幸せと
   言ってくれてありがとう。」
小沢「僕の真実ですよ。」

にっこり笑う小沢選手。
すべてをやり遂げた「男」の顔が見れた。

トヨタ車体 小沢 勝利選手
カッコいい名選手でした。

最後に小沢選手の応援をここでしましょう!
彼の応援はいつもこの言葉!

「小沢にまわせ~っ!!」

ほこりが入っただけです。

naite.jpg
画像は専属カメラマンさん。
目にほこりが入ったシーンをありがとうございます。

そうです。目にほこりが入っただけです。

野村ヘッドコーチが現役中に「1冠」を獲ってほしかった。
残念でほこりが入った。

多くの会社の応援者が東京まで来てくれた。
会場に来てくれた熱烈サポ。
会場に来れないので地元から「念」を送ってくれたサポ。
会場に来てくれたOBの皆さん
最後に、こんな俺を団長と認めてくれてる団員がいる。

そう思え嬉しくて、何度も「目にほこり」が良く入った
プレーオフでした。

皆さんに感謝申し上げます。

3月19日のコメント

sakisu.jpg
画像提供は、専カメさん。

崎前選手の画像かっこいいですね。
プレーオフでは、自分の持ってる力を十分に出し切った
選手の一人だと思います。
プレーオフでは、「さすがキャプテン!」でしたね。

さて、本題です。
3月19日に多くのコメントを頂きました。
返事が出来なくてすいません。
本来ならコメントを頂いたら心を込めて
返事を書くのが、このブログなのです。
今回は、激多忙を極めまして返事出来ませんでした。

きんぎょさん、速報ありがとうございました。
本文記事よりお礼を申し上げます。
「ありがとうございました。」



俺が選んだMVPは

fisitetu.jpg
画像は専属カメラマンより提供

kazuが選ぶ今シーズンのMVPは、抱き合って喜んでる二人です。
門山選手と藤田選手二人をMVPとしたいです。

これは、文句なしでしょ!

皆さんは誰を選びたいですか?

プレーオフ 決勝 大同38-37車体

プレーオフ 決勝 大同38-37車体

負け非常に悔しい!

ご挨拶頂いた皆さん、ありがとうございます。
多忙にて簡単な挨拶しか出来なく
ご無礼は平にご容赦下さい。

また、たくさんの人が車体ハンドボール部を
応援してくれた。

会社のバス応援の皆さん。常連のサポの皆さん。
選手の父兄さん。学生の皆さん。日本リーグ女子の選手。
そして、会場に来れなかった人達の「念」。
本当に素晴らしい応援でした。

皆さんに感謝です。


大きな決心をもって挑みます!

soo.jpg
画像は、専属カメラマンさんより頂きました。

さて、明日プレーオフ大会です。

それぞれが色々な決心を持って挑むプレーオフと
なるでしょう!!

kazuもある「決心」でプレーオフの応援へ望みます。

いつもの様に楽しい応援を約束します。

来たくとも来れない人の為に一生懸命に応援します。
会場に来れない人「念」を下さい。

必ず優勝を!!

優勝を決めたら皆さんの握手したい!!
涙で顔をぐしゃぐしゃにしてね。

今回こそ、必ず優勝します!
俺は、信じる。最後の1秒まで応援する。

喉が潰れたら腹の底から声だし、それが潰れたら
「魂」で声を出すぜ!!

太鼓も叩く!バチが折れたら、手で叩き、手が折れたら
「魂」で叩くんだ!!

このプレーオフで「魂」の応援を見せなければどこで見せる!!

皆、俺に力を貸してくれ!!

感謝したいです。

今年もプレーオフに行ける!
素晴らしい事です。

また、応援団の遠征を認めてくれてる。
これだって「当たり前」ではありません。

車業界が低迷する中会社は、ハンドボールへの理解を
してくれてます。

そうでなければ、応援団の遠征なんて絶対に認めてくれませんよ。

サポの皆さんのお陰で毎回楽しく応援させてもらってます。
そんな姿も会社は認めてくれてます。

サポの皆さんには、大きな大きな感謝をしています。

さて、大舞台です。
サポでまとまり、「選手達を最大級に後押しだ!」
そして、必ず優勝だ!

車体のハンドボールが未来永劫存続するためにも
「優勝」が必要だ!
サポの応援が必要なんです。

プレーオフに向けて集中だ!

nomura7.jpg
画像提供は、専属カメラマンさんより。

色々な思いを文章にしたい。
この2~3年で色々な経験をさせて頂いている。

それが、逆に邪魔となり、思いを文章に出来ない。
もどかしさがある。

しかし、今はそんなこと言っている場合でない。
プレーオフが終わったら皆さんに聞いて見たいこと
も多くあります。
大きな戦いの後に皆で話合いましょう!!

さて、とにかく「勝つんです!」
何が負ける要素があるの?
勝利だけを考えてこの1週間送って下さい。

サポが優勝を信じないと誰が信じるの?
皆で、優勝を喜ぶんだ!!

勝!俺は寂しいぜ!!

SUG.jpg
画像は専属カメラマンさんからです。

勝!俺は、寂しいぜ!
会社で会うと「カズさん、今いいですか?聞いて下さいよ~っ」
とか色々話しかけてくれた選手です。
いやっ。友達かも・・・。

田中選手は、凄いタフな選手。
若い頃は、厳しい練習終わって後に後輩達と
プロレスをやってる姿を良く見かけた。
「何やってんだ!あいつは。」が第一印象でした。

「ボールを持ったら、絶対にシュートを決めてやる!」
「ドリブル30回してもシュートだ!」
と彼は言っていた。

試合だと驚くプレーを披露してくれた。
全日本のDF陣相手に軽々とブレークスルーで
こじ開けたり、ドリブルを左右でトリッキーについたり
「すんげ~ぃ」と思ったらDFでてんてこ舞い・・。
見ていて勇気を貰える数少ないタイプの選手でした。

主務も経験して人間的にも素晴らしい男になった
と思います。

最後に彼の7Mスロー見たかった!!

田中勝選手!お疲れ様。
こからも、社会人としてよろしく!

寂しさは、あるな・・・。

小沢選手 引退

ozawin.jpg
画像提供は、専属カメラマンさんから。

小沢選手も引退です。
インタビューで「このチームで最後を飾れた事が嬉しい。」と
堂々とした小沢選手らしい言葉を残してくれた事が
俺は、嬉しい。

「名選手」この言葉こそ小沢選手にあてはまる言葉だろう。
試合を決めるシュート・ここ一番のシュートは、必ず決める!
それが、小沢選手でした。

車体での初ゴールは、確か7mスローだったと思います。
小沢選手、長い現役生活お疲れ様でした。

俺は、小沢選手が車体に来てプレーしてくれた事が
凄く嬉しく思います。

野村ヘッドコーチの引退

inntanomu.jpg
画像は専属カメラマンさんから素敵な画像ありがとうございます。

野村ヘッドコーチへの思いを書きたいと思います。

昨日は、12:30頃から野村ヘッドコーチの昔のプレーを
思い出して熱いものが込み上げてきた。

野村ヘッドコーチが名門中村荷役から車体へ移籍と聞いた。
当時は、ハンドボールのルールも全然判らず
「激しいスポーツだな!」位しか感じなかった。
そんな、俺でも一人目を引いたのが野村ヘッドコーチだった。

放つシュートのスピード・ブレークスルーの速さ・シュートの多彩さ
全部素晴らしい。
「素晴らしい選手が来てくれた。」それが感想でした。

11年の長きに渡りハンドボール界を支えてくれた野村ヘッドコーチ
言うまでもないスーパースターです。

通算得点 702得点 歴代6位

でも、俺は許せない事が一つあるんです。
そんな野村ヘッドコーチに「優勝」のタイトルが無い!!
そんなので良いのか?

まだ、チャンスがあるじゃないか!
プレーオフで「優勝」

おいっ。皆、「車体は、強いけど優勝までは!?」と
思ってないよねっ。
我々サポがそんな思いだと勝てませんよ!!

20日の朝から「絶対に我々の力で優勝させるんだ!!」
と思ってくれ!

いやっ。今からだ。
強くなかった時代から車体を支えてくれた大選手野村ヘッドコーチ
の為にも今回のプレーオフは、必ず優勝だ!!


いいねっ!まずは、サポの心からだよ。
「絶対に優勝させる!」

野村ヘッドコーチを「無冠の帝王」で終わらせるな!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。